用語集:て〜て

作者:   SLloc7uK   |   カテゴリー :   用語集

ディンプルキー
キーの両端ではなく、面の部分にくぼみがあるキーのこと。
ピンタンブラー錠の発展形シリンダーのキー。
ピッキングにも強い、高いセキュリティ性を持ちます。

デッドボルト
かんぬき。Dead bolt。
キーの操作によって錠本体から繰り出したり収めたりする本締まり機構用のボルト。
通常は開き戸に付けられる先端部分が四角いタイプを指す。
デッドボルトだけを用いた錠を「本締まり錠(dead lock)」という。
把手や引き手が錠とは別に付けられる戸、点検口や倉庫などで使われる。
引き戸用の錠に組み込まれる鎌状のタイプも本締まり錠の一つで、
「鎌錠(hook lock)」という。

電気錠
離れた場所から電気を送って施錠・解錠ができる錠のこと。
もちろん、鍵でも施錠・解錠することができます。
電気錠を外側から操作する場合は、カード式、テンキー式、指紋照合などの生体
認証式、非接触ICカード式などの機器と組み合わせて使います。
内側から操作する場合は、操作ボタンを押して施錠・解錠します。
これにより、オフィスやマンションのエントランスや玄関まで行かなくても、
室内にいてボタンを押すだけで解錠できます。

電気錠は、離れた場所から施錠・解錠やドアの開閉状態が確認できるので、
防犯に効果があることから、さまざまなオンラインセュリティシステムに
利用されています。

但し、電気錠本体は水の侵入を排除する構造となっておりませんので、
雨がかかる屋外におすすめできません。

また、電気錠を屋外に面したドアに使用する場合は、
その実効耐用年数が短くなることを理解しておく必要がある。

電気錠システム
電気的に制御する錠/錠前のこと。電気鍵とも言う。
種類としては施錠しているものに対しDC12VもしくはDC24Vを通電することにより
解錠する「通電時解錠型」と全く逆に通電している間解錠し通電を切ると解錠する
「通電時施錠型」および錠のカンヌキをモーターで出し入れする
モーター錠の大きく分けると3種類に分類される。
解錠機能を加えシステムとして運用される。

電気ストライク
枠側の錠受け(ストライク)を電気的に解錠できるようにした電気錠。
自動施錠錠と組み合わせて使用する。
防雨タイプなので門扉などに向く。
本体もコンパクトなので細框ドアで用いることも多い。
通電が切れてる間は解錠し、扉を開けられる状態になり通電すると施錠状態になる。

テンキー錠
電気錠のひとつで、0から9までの10個の数字ボタンを使って解錠できる錠のこと。
テンキー錠は、登録した暗証番号を押して解錠し、扉を閉めると自動的に施錠します。
暗証番号が鍵になるので、鍵の紛失や盗難の心配がありません。

ただし、のぞき見されたりなどして暗証番号が分かると、簡単に解錠されてしまいます。
テンキー錠には、操作のたびに数字の配列が変わるランダム式のものもあります。
これを使えば、テンキー表面の磨耗や、
暗証番号を手の動きで推測されることを防ぐことができます。

2012年11月21日