用語集:う〜お

作者:   SLloc7uK   |   カテゴリー :   用語集

ウォード錠
自転車の前輪などに使われる錠。キーが錠前部の内部に設けられた障害物を避けるようにして、カンヌキを操作する。

ウェーブキー
簡単に言うと通常のギザギザキー2本分の情報が入っています。
ウェーブキーはその見た目から、彫刻キーやサイドワインダーキーとも呼ばれています。
外車等によく用いられる波型の溝を利用してシリンダーピンの高さをあわせる形式の錠前。
砂やほこりによるトラブルを起こしにくい仕様です。
キー中心部分に長く掘り溝を設けたキーで、上下両端は通常キーにある刻み込み加工が無いことから、
鍵穴へスムーズに差し込めるという利点をもっています。
もちろん、ピッキングや鍵穴壊しにも強い防犯性能をもったCP-C認定相当品です。

内締まり錠
戸の室内側からだけ締められる錠のこと。
古い日本家屋の引き違い戸で、屋内側から鍵穴に入れて回転させることで
内外の戸を締めつけて固定させる「ねじ締まり」(ねじり錠)、
サッシの「クレセント錠」、公衆トイレなどの室内側に付けられる「ナイトラッチ」などがある。
「上げ落とし」「かんぬき」も内締まり型の機構。
戸の室外側からしか施錠できないものを「外締まり錠」といい、物置、ロッカー、倉庫、点検口などに利用される。
室内側からのみ施開錠できる錠前。

内溝キー
鍵山がキーの外側でなく内側に向かって溝状に作られているキー。
主に高級車に採用されてきた。近年は大衆車クラスでも採用されている。
また、住宅用シリンダーにも内溝キータイプがまれに存在する。

室外側に鍵穴はない。
サッシドアのクレセント錠、トイレの室内側に使用されるナイトラッチがこれに当たる。

FBロック
アルファ社製の鍵。
世界最高クラスの防犯性能を持ち、標準でカム送り対策がされています。
ピッキングを困難にするために、水平2方向、斜めから2方向、
上下左右4方向からのピン配列で、鍵違いも6700万通りから 最大1300億通りにもなります。
また破壊にも非常に強いので、防犯対策には非常に適した鍵となっています。
合い鍵を作るにはカード番号照合しなければ製作できないようになっています。

エスカッション
シリンダー周囲を覆ったり、レバーハンドル周囲を覆う金属板。
切欠穴を隠す目的や、装飾金物として使われる。
形状やデザインによって、飾り座、長座、丸座などとも呼ばれる。

円筒錠
ノブの中心に鍵穴がある錠。室内ノブのボタンを押すことで施錠する。
カンヌキがなく、ドアへの衝撃で開いてしまうこともある。
防犯性はほとんどない。ホテルの自動施錠としてもよく使われる。

オートロック
オートロックシステムともいう。
ドアが閉まると自動的に施錠される仕組みで、
主にマンションのエントランスに設置されるもののことです。
居住者がインターホンの通話・映像により来訪者を確認したうえで入館させることができ、
セキュリティーシステムのひとつとして広く採用されています。
通常は建物の新築時に設備として設計・施工されますが、
既存マンションの大規模修繕等にあわせて後付けで設置することも可能です。
施錠行為を行わなくても、ドアを閉めた時点で自動的に施錠される錠前。
ホテル客室などで多く採用されている。たいていのマンションのエントランスドアにも採用されている。

親子扉
左右2枚ある両開き扉のうち、大きい方が親扉、小さい方を子扉という。
戸建玄関ドアに多く採用される。
親扉子扉ともに同サイズであれば、錠が付いているドアを親扉と呼ぶ。

オリジナルキー
錠前出荷時に付属する純正キーのこと。
元鍵。
メーカーでは子カギと呼ぶ。

2012年4月20日