用語集:か〜き

作者:   SLloc7uK   |   カテゴリー :   用語集

開錠
純正キーや合鍵を使い、正当な方法で錠を開ける行為をいう。

解錠
純正キーや合鍵を使わないで錠をあける行為をいう。
ピッキングが代表例であるが、他にバイパス解錠などがある。

鎌錠
デッドボルトが鎌の形状をした錠。
引戸に使われる錠前はすべて鎌錠。
近年は開き戸に使用される錠前にも鎌デッドボルトを採用した錠前が増えている。
こじ破りに対する破壊強度が格段に高くなる。

鍵作(かぎさく)
紛失カギ作成のこと。
住宅においては、紛失した場合、通常鍵交換をする。

鍵違い数
ディスクタンブラーやピンタンブラーの種類や数などの組合わせによってできるの組み合わせ数の事です。
鍵違い数が多いのと耐ピッキング性能とは必ずしも一致しません。

外筒
シリンダーを構成するパーツのひとつ。
内筒を収める部品。

カバスター
スイスKaba社の特許技術によって作られた高度なハイセキュリティ交換シリンダーです。
キーの挿入口がすり鉢状になっているので、
高齢者の方でも簡単に抜き差しすることができます。

框(かまち)
中心にガラス、パネルなどが設置されているドアの外周部分の名称。

ガードプレート
錠前のカンヌキを覆い隠しバールなどによるこじ開けを防止する防犯金具。

カードキー
カード状のキーを通すことによって開錠できるキー。
磁気データをセンサーに読み取らせる方式が多いが、
カードに開いた穴のパターンによって開錠するものもある。

カードロック
板状のプラスチック製カードを鍵として用いた錠前のこと。
鍵のほうは「カードキー」という。
カードの記録方式と読み取り方式などによっていくつかの種類がある。
記録方式は磁器カード式やICカード式が主流になりつつある。
読み取り方式は、錠のカードリーダー(読み取り部)にカードを差し込むタイプと、
センサーにカードを近づけるだけの非接触式がある。
銭湯の脱衣ロッカーの木製鍵、傘立ての鍵も一種のカード式のルーツ。

観音開きドア
親子開きドアのうち、親子の扉サイズが同一のドア。両開きドア。

カム
錠ケースにある、シリンダー内筒の回転と連動して、廻る切り込みの部位。
キーを廻すとシリンダー裏のテールピースも回転し、
カムも回転する。その形状からダルマと呼ぶ鍵屋もいる。

カム送り解錠
シリンダーカラーを引っ張りドアとの隙間から特殊な形状の針金をドア内部に挿入し、
錠ケースのカムを直接操作して、
解錠する手口(別名バイパス解錠)警察庁がかむ送り開錠が容易または可能な錠ケースを公表している。

キー
錠を開けるための道具。

キーレスエントリー
赤外線もしくは電波を使って車を開錠施錠を行える遠隔操作システム。
決してセキュリティが高いわけではない。

共通カギ
配電盤や公衆電話のように全国的に共通して用いられるカギのこと。
関係者にとっては1種類で済み便利だが、第3者に流出するとセキュリティ上問題がある。

キーウェイ
鍵穴の形状をいう。
キーウェイを複雑にすることによってピックの挿入を防げる。

刻みキー
通常のギザギザしたカットのカギ。
一概に防犯性が低いわけではない。

逆マスターキーシステム
マンションの共同玄関の錠のように1つの錠前を複数の異なるキーで開けられるシステム。
戸別の玄関ドアについているシリンダーは、逆マスターする方といい、
エントランスのオートロックドアや通用口ドアなどは、逆マスターされるシリンダーと呼ばれる。

2012年4月20日