用語集:く〜こ

作者:   SLloc7uK   |   カテゴリー :   用語集

クリックボール
キーを廻す際、キーを抜く位置(ニュートラル位置)に誘導するボール。
クリックボールはキーを抜き差しする角度に煩わされることなくスムーズに操作できる。
また、ニュートラルではない位置でキーを抜こうとすると、
タンブラーやスプリングを傷めてしまうが、
クリックボールによりシリンダー寿命を伸ばす役割も持っている。

クロスキー
3方向にピンタンブラーが設けられているシリンダー錠で公衆電話などに使用されている。

クレセント錠
窓の中央部にある三日月状の金具のこと。
金具が三日月(クレセント)の形をしているので、クレセント錠と呼ばれています。
クレセント錠は、窓と窓のすき間をなくして室内の機密性を高めるための「締まり金具」で、
防犯性能を考えた建具ではありません。
ですから、正しい意味では「錠」とは言えません。
防犯対策を考えるのであれば、鍵を使わないと開けられない錠に交換したり、
補助錠を取り付けるのが良いでしょう。
錠を変えるのが難しいのであれば、
クレセント錠をカバーして外側から見えないようにするステンレス製のプレートもあります。

グレモン錠
ハンドルを操作して、戸や窓の上下にロッドを突き出して戸締りするタイプの錠前のことで、
上下と大手の3方にロッドがでるので頑丈ではあるが、住宅にはあまり使用されない。
大手(おおで):建具の縦框(たてかまち)の柱や枠にぶつかる面のこと。

ケースロック
ケースの中に、デッドボルト(かんぬき)とラッチボルト(空締めボルト)、開閉機構を一緒に収めた錠前。
破壊に対する強度、耐久性が高く、玄関錠の主流になっている。
開閉機構は、レバータンブラー方式とシリンダー方式があり、
設置方式によって、戸の表面に貼り付ける「面付け型」と、戸に埋め込む「彫り込み型」があります。
ケースロックは、「箱錠」(はこじょう)とも呼ばれている。
ただし、もぎ取り、バールこじ開け等に強度に関しては面付け錠タイプの方が強い物が多いので、
ガードプレートとの併用を考えたほうがよい。

公団錠
住宅都市整備公団が指定した形式に基づく錠。
同じ規格の製品であれば、他メーカーであっても切り欠きの互換があるので、
加工なしで錠セットの交換が可能である。
公団錠はすべて面付箱錠であり、外からカンヌキが見えない。

コードブック
鍵屋が紛失カギを作るとき、キー番号を元にカットする鍵山の配列を調べる本のこと。
純正キーであれば、たいていキー番号が刻印されている

ゴール(GOAL)
日本で初めてピンシリンダーを販売したロックメーカー。
近年はピンを3方向6列配置したV18シリンダーが主力。

コンストラクションキー
工事期間中に使用するキー。
工事完了後、シリンダー内部にあるコンストラクション装置を解除することにより、
コンストラクションキーが使用不能となりおのおのの錠前のキーでのみ施開錠される。
コンスキーという刻印がある。

工事完了後から入居するまでの間さらに異なるコンストラクションキーで管理できるようにした
当社独自のダブルコンストラクションキーシステムもある。

2012年4月20日