用語集:と〜は

作者:   SLloc7uK   |   カテゴリー :   用語集

ドアガード
室内から扉をわずかに開けて、来訪者を確認するときに使用する防犯金具。
ドアチェーン同様、ドアを開けた状態ではガードを外せない

ドアクローザ
ドアを自動的に閉めるための油圧装置。
通常、ドアの上部に、箱型で付いている。
ドアチェックとも言う

ドアチェーン
室内から扉をわずかに開けて、来訪者を確認するときに使用する防犯金具。
鎖状の金物で、比較的簡単に切断できる

同一キーシステム
複数のシリンダーを同一のキーで施開錠できるシステム。
玄関ドアの2ロックはほとんどこのシステムである

戸先鎌錠
引戸の戸先(先端部)についていて、デッドボルトが鎌錠になっている錠。
戸建住宅に取り付けられる戸先鎌錠は、サッシメーカー供給で装飾が施されている。
後付する鎌錠は面付けとなる。

扉の勝手
扉が開く側に立って見て丁番が左側にあるものを左勝手、右側にあるものを右勝手という。
外側に開くものを外開き、内側に開くものを内開きという

トライアウトキー
特定のカギのパターンをシミュレートして作られたカギの組み合わせセット。
鍵屋が使う開錠工具のひとつ。

トランスポンダ
キーに内蔵された小さなICメモリ。ここにIDデータが書き込まれている。
ICチップのメーカーにはテキサスインスツルメント、モトローラ、フィリップス、
メガモスなどがある。transponderはtransimitterとresponderの合成語。

ドリリング防止板
ドリルによる破錠に強いといわれる超鋼などの素材で作られた金属板。
多くの防犯シリンダーに採用されている

トロヨケ
ストライクの裏に設置する箱状の金物。
扉枠の裏のコンクリートなどを目隠しするために使用する

内筒
シリンダーの中心となる部品。
内筒が回転することによりシリンダー錠は開錠される

南京錠
取り外して持ち運びが出来る小さな錠前。
英語名pad lock。自転車やバイク、旅行かばんなどの盗難防止用に使われる。
南京という名称は中国に由来する。

軟骨キー
鍵穴がくねくね曲がっており、ピックを奥まで差し込めない構造になっているカギ。

ノブ
ノブ自体は取っ手の役目を果たし、ラッチボルトの出し入れを行う。

破錠
錠前あるいはシリンダーを破壊して解錠すること。
ドリルなど電動工具を使用することが多い

八万ロック
ピンタンブラー錠の1種で鍵穴が丸くなっている。
ゲーム機器や自動販売機に使用されている。
使用されるキー管状でエースキーと呼ばれる。
バイクやU字ロック、立体駐車場にも使われる。

バックセット
フロント面からシリンダー中心までの距離。
51,60,64,100mmという距離が多い

バッツキー
バッツとはVehicle Anti-Theft Systemの略。
GMが採用している自動車盗難防止システムに採用される。
イグニッションキー根元に抵抗素子が埋め込まれており、正しい抵抗値の場合にのみエンジンが始動する。

バンピング
最近、問題になってきている新手の不正解錠の手口で、ピンシリンダーを不正に解錠する手段です。
大切なものは銀行の貸し金庫に預けて、バンピング対策を図りましょう。

2012年12月10日