ゴール

作者:   SLloc7uK   |   カテゴリー :   錠前メーカー紹介

世界の水準で鍵を作り続ける企業「ゴール」

ゴールと言えば、世界の第一線で鍵を制作し、世の中に提供をし続けている企業です。
1914年にこの世に誕生したゴールは、それから長く「シリンダー」をはじめとする多くの鍵の開発に関わっています。中には1000兆を超える個数を作成した鍵もあり、この実態からもゴールがいかに信頼され、支持されているかを知ることができるでしょう。

名実ともに、世界の信頼を勝ち取っている鍵といっていいと思います。集合住宅からエレベーターに至るまで、あらゆる場所に関わる仕事をしてきたゴールは、「頼りがいのある企業」として今も多くの人に支持されています。

「万が一」を守る防犯システム

万が一、あなたの会社に泥棒が入ったらどうしますか?
会社に泥棒が入ってしまったら、もう駄目だと思う人もいるかもしれません。でも、そう考えてしまうのは早計です。あなたの会社に泥棒が入ったとしても、大切な情報やものがおいてある場所の鍵が厳重であれば、それ以上泥棒は進むことができません。たったひとつの鍵が、企業のすべてをまもることもあるのです。

また、停電などのトラブルが起きてしまったときのセキュリティも心配ですよね。
そんな「万が一」のときに頼ることができるセキュリティがある、それがゴールの鍵の魅力です。どんな時でもあなたの大切なものを守ってくれる。そのことを第一に、鍵を作り続けている企業です。

手になじみやすい、丸いデザイン

ゴールの鍵をみると、取手の部分が丸くなっていることに気づくでしょう。
何気ない様で、この工夫にはきちんとした意味があります。ゴールの鍵に使われている丸い取手は、手のひらになじむ優しいデザインとして取り入れられているもの。

「カギを使う人の手を、傷つけてしまうことが内容に」という配慮から作られており、だからこそ取手はしっかりと丸い形をしています。
この様な細かい配慮をして、細部にいたるまでお客さんへの配慮を行うことが、このゴールの考え方でもあります。

「キープラン」という考え方

企業やホテル、住宅、施設など、鍵は本当にいろいろなところで使われていますよね。
でも、それらの施設で使われる鍵というのは、一つずつ用途が違います。

企業と一般家庭では、使われる鍵が全く違うでしょう。つまり、そのシーンにあった鍵選びをすることが重要になるということですね。ゴールでは「キープラン」という考え方を用い、お客さんが「自分のところに一番合った鍵を作ることができる様にする」という努力をしています。
だから、「どの鍵が一番いいんだろう?」と鍵のことで悩まされることがなくなります。

この他にも、ゴールは多くの取り組みをもって社会貢献をしています。
鍵のことならしっかり頼れる、そんな素晴らしい企業のひとつと考えて良いでしょう。

2014年7月19日