シブタニ

作者:   SLloc7uK   |   カテゴリー :   錠前メーカー紹介

新しい挑戦を忘れない

日本は空前の不景気です。
今でこそそれが少し回復してきましたが、それでもやはり景気の悪さが話題になることは少なくありませんよね。また、最近は消費税が5パーセントから8パーセントへと値上がりし、庶民の台所事情はますます苦しくなりました。そんな中で、やはり打撃をうけているのが「企業」です。

消費者が買い控えや買い渋りなどをおこしている中で、新しい製品を作るというのはとても勇気がいることでしょう。ただでさえものに対する見方が厳しくなっていることを考えれば、うれるかどうかわからないものを作るということは大変なことです。

そのことを考えれば、企業が守りに入ってしまうのは仕方がないこと。
でも、それをせずにあくまで新しい挑戦をし続けているのがシブタニです。

公式サイトをみるとわかりますが、シブタニは常に新しい挑戦を続け、 分野開拓の努力も行ってきました。
新しい分野への挑戦を忘れないシブタニだからこそ、技術大国日本の第一線で活躍をし、新しい技術を提供することができたのです。

見ればわかりますが、シブタニから出ている商品はどれも斬新で手に取ってみたくなるものばかり。「こんな商品があるんだ!ぜひ利用してみたい」と思わせる商品がたくさんあるからこそ、シブタニは日本のトップとしてあり続けているのです。

ハンズフリーという考え方

従来の考え方だと、私たちは「カギ」というものを「手でもって穴に差し入れて開けるもの」という認識を持っているでしょう。でも、シブタニには「ハンズフリー」の鍵があります。

鍵をいじることなく、さらにひとつの鍵ですべての鍵を開けることができるという考え方。すごいことだとおもいませんか?ポケットやバッグに入れておくだけで、近づいたら自動的にロックをあけてくれるというのがこのハンズフリーの鍵です。

これひとつがあるだけで、宅配ボックスの鍵を開けたりエレベーターの階を指定することができますので、本当に楽に移動をすることができるのですね。手で持つタイプのものだと、荷物をたくさん持っているときにバッグやポケットから鍵を出さなければならないなど、利用に大変さが出てきます。

そのことを考えれば、このハンズフリーという考え方がいかに生活を楽にしてくれるかが解るでしょう。こういう「ちょっと楽」というのが意外に消費者は嬉しいですよね。
この様なハンズフリーの考え方について、極めているのがシブタニです。

今後、もし鍵を買い替える予定があれば、このシブタニの「ハンズフリー」の考え方を学んでみませんか?
一度使えば、生活がとても便利になること間違いなしの鍵です。また、今後もどんどん便利な鍵を開発していくでしょう。

2014年9月21日