鍵師の資格とは?

作者:   SLloc7uK   |   カテゴリー :   鍵師について

鍵師ってどんな仕事なの?

よく「鍵師」という職業について聞くことがありますが、具体的にこの鍵師の資格について知っている人はあまりいないのではないでしょうか。
そもそも、「鍵師」という資格が存在するということを皆さんはご存知でしょうか。
ここで、この鍵師という資格についてお話をしてみたいと思います。

鍵師とは、つまり「鍵のプロフェッショナル」です。
(鍵師とは、日本鍵師協会の商標登録となっているため、養成講座を受けて鍵師の試験に合格したひとだけが名乗れる、という説もあるようです)
鍵のことなら、なんでもできるというのが鍵のプロフェッショナルになりますので、きちんと資格もあります。
一級と二級のふたつがあり、どちらも筆記試験と実技試験をクリアしなければなりません。
鍵師として働いている人は、この資格を目指していることがほとんど。
鍵師になるための専門学校がありますので、ここに通ってしっかりと鍵師に必要な技術を得ておきたいですね。
鍵師の資格については、日本のいろいろな団体が資格を発行している状態ですが、その中でも有名なものといえば「日本鍵師協会」ではないでしょうか。
この日本鍵師協会では7日間の講習を実施しており、この講習を受けることで、鍵師になるために必要な技術や知識を得ることができるでしょう。ちなみに、この講習はだいたい22万程度のお金で受けることが可能です。

ただ、鍵師の資格は必ずしも必要であるということではありません。
資格がなくても鍵師として働くことは可能になりますので、まずは就職してから技術を得るという方法がないわけでもありません。どちらにするかはそれぞれ考えておくといいでしょうね。
ただ、講習を受けることで「鍵師」の資格についてよりきちんと知ることができるということ、また資格があると就職に有利であるということは間違いありませんので、ぜひとも取得を目指してみてほしいですね。

鍵屋の仕事とは

鍵屋の仕事とは、簡単に言えば「鍵をなくしてしまった人のために、合鍵をつくる」などの仕事をこなす人です。
生活をしていると、誰もが一度は鍵をなくすなどのトラブルに巻き込まれたことがあるでしょう。
そんな時、鍵屋がいればしっかりと対応をしてくれますので、鍵屋が果たす役割と言うのは本当に大きなものになるのです。
やりがいが大きいですし、また需要も高い仕事なので、仕事をするのが楽しくなるかもしれませんね。
お給料はその人によりますが、一度の仕事で1~2万円ほどの収入になります。これが高いか安いかはその人によりますが、簡単に稼ぐことができる仕事ではないというのは確かです。

2015年4月20日