電子錠を紹介します

作者:   SLloc7uK   |   カテゴリー :   錠前の種類

電子錠

鍵といえば鍵穴に金属を差し込んでガチャガチャ・・・といういわゆるシリンダー錠が一般的でした。

現在はそれに加えて電子錠が大変人気を集めています。
電子錠にはシリンダーキーにはない様々なメリットがあるのです。

電子錠といえば暗証番号をテンキーで入力して開錠するタイプ、カードをタッチして開錠するタイプなど様々なものがありますが共通しているのは、鍵を鍵穴に差し込まないでも開錠できるということです。

以前のシリンダー錠の場合帰宅して開錠する際にはバッグの中から鍵を探し出さなければいけませんでした。

またお子様などに鍵を持たせても紛失してしまう可能性もあり防犯上十分とは言えませんでした。
けれど電子錠の場合には差し込む鍵は必要なく頭の中にある暗証番号が文字通りの鍵となるのです。もちろん紛失の心配もありません。

暗証番号錠の他にはタッチカード式の電子錠もあります。
こちらはビジネスシーンなどで多くの方が開錠する可能性のある場所などに便利な鍵で、軽くタッチするだけで開錠が可能というものです。

また電子錠のメリットは防犯性の高さにあります。
オートロック機能がついているのでちょっとしたお出かけの際にも鍵のかけ忘れがありません。

特徴

実は空き巣などの被害に遭う多くの場合が「ちょっとそこまで」の近所へお出かけする際の鍵のかけ忘れなのです。シリンダー錠の場合にはこうしたかけ忘れが起こりますが、電子錠はドアが閉まると自動でロックされるのでかけ忘れの心配がありません。

さらにシリンダー錠の場合にはピッキングの被害も心配でした。

ピッキングとは鍵穴から開錠してしまう空き巣の常套手段ですが、電子錠はそもそも鍵穴がないのでピッキング被害の心配もないのです。こうした電子錠は以前はオフィスや公共の施設などごく限られた場所のものでしたが、最近では様々な種類が発売され価格も下がり家庭用として導入される方も増えています。

マンションではこうした暗証番号式の電子錠をエントランスに導入しているところが多く、セキュリティーの維持に役立っていますが、一戸建てでもこうした電子錠を取り付けるご家庭が増えています。

電池式の電子錠や非常時のためのシリンダー錠もあり、停電やいざという時に鍵が開かないというトラブルを回避できる仕組みも充分考えられているからです。

鍵の持ち歩きから解放される電子錠は一度使えばその利便性と防犯性の高さにやめられなくなってしまう便利なものなのです。

2013年9月12日