引戸向鎌錠の特徴や性質紹介

作者:   SLloc7uK   |   カテゴリー :   錠前の種類

引戸向鎌錠とは一体何か

鎌錠というのは引戸で利用する錠前であり、日常生活の中でも活用されています。
使い方は鎌状になっているボルトの先端をまわしていき、そして建具枠となっている受け座へと引っ掛けていきます。
これで錠をかけていく方式になります。

ピッキングというのは鍵屋では特別な技術を利用しないで行われています。
鍵をなくしてしまった人に対して、アフターサービスなどで提供していることがあります。
しかし犯罪行為でも活用されることがあり、近年問題視されています。

また10数秒で解錠されることもあり、空き巣被害も増えています。
そのパターンも非常に多岐にわたっており、ドアや窓ガラスを破壊して侵入していく以上に外観では察知されるケースがありません。
そんな時に引戸向鎌錠が活躍しますので、着実に犯罪対策に効果を発揮していくでしょう。

引戸向鎌錠の特徴や性質を知る

引戸向鎌錠はピッキング対策に向いているといわれていますが、その特徴は色々とあります。
まず引戸向鎌錠のシリンダーを見ていくと、多くのシリンダーでピッキング対策として活用できるディンプルキーを利用しています。
これは2000年代の前半に入った時、ピッキングを活用した空き巣被害が徐々に増加していきました。

それによって引戸向鎌錠が急速に普及していくことになりました。
最近ではキーを一切押し込まないで施解錠することが出来る、シリンダーを固定しているタイプも販売されています。
シリンダーを見ていくと高性能のアンチピッキング性能を装備しているものが多く、差込口は上下左右関係のないリバーシブルキーとなっています。

引戸向鎌錠においてディンプルキーが多く利用されていますが、これはくぼみ状となっている部分が多くなっている鍵です。
一般的にはギザギザがついている鍵が多いですが、引戸向鎌錠ではディンプルキーをメインに利用しています。

メリットとしてはピッキングに強い点がありますが、他にも頑丈で折れることもほとんどありません。
しかしデメリットとしては複雑な構造になっているので、シリンダーが不具合となると使えなくなってしまいます。

引戸向鎌錠の正しい取り外し方

まず最初に引戸向鎌錠がどこについていたか、しっかりとマーキングをしておきましょう。
正確に行っていかなければ、再度引戸向鎌錠を取り付けようとする時に引戸向鎌錠が合わなくなってしまうことがあります。
次に外側に取付けるネジを外していき、内側のネジをその後で外していきます。

この後で切り欠け穴を性格に採寸していき、取り付けていくことになります。
取り付ける時はマーキングした場所へ引戸向鎌錠を外側から取り付けていきます。
微調整も行いながら、通常通りの操作を行える場所に引戸向鎌錠を設置したらネジを本締めで対応していきましょう。

2016年4月26日