プッシュプル錠の特徴や性質紹介

作者:   SLloc7uK   |   カテゴリー :   錠前の種類

押しても引いても使えるプッシュプル錠

大きな劇場などでみかけることができるのがプッシュプル錠です。
プッシュプル錠というのは扉を開け閉めをする時にハンドルを押したり引いていくことで開閉を行うことができる錠前となっています。

一般的な錠前というのはハンドルもしくはドアノブを回して押し込んで行ったり引いていくパターンとなっています。
またドアノブにつまみがあった場合、押さえていきながら押していくことで、ついているラッチボルトの動きを行っていきながら扉を開閉させていきます。
このような手間をかけていくことがあったため、人によってはドアなどについている錠が開けにくい状況もありました。

そのような問題を解決したのがプッシュプル錠で、行わなければならない動作の数を極力少なくしていきます。
軽く押していったり引いていくだけで、対象となる扉の開閉を行うことが可能となります。

これは比較的力が弱くなっている子供であったり、高齢者などでも使っていく力を軽減させていくことができます。
これでスムーズに対象の扉をプッシュプル錠によって開け閉めを行うことができるメリットが生まれていきます。

プッシュプル錠で利用されるラッチボルトとは

ラッチボルトというのはプッシュプル錠についていることが多いですが、これは風圧などによってドアが開かないようにしていくために必要です。
空錠のドアノブの脇に設置されており、先端が三角形になっているボルトとなっています。
別名だとから締めや仮締めと言った形で表現されることがあります。

通常だとスプリングの力を利用して錠面より常に突き出していくように設置されています。
扉が閉めかかった時、ドア枠の方へ付けられているストライクプレートがリップといわれるふちに当たり、ボルトが押し戻されていきます。

そして完全に扉が閉まっていくと、プッシュプル錠の受け座の穴ではボルトが徐々に滑り込んでいきます。
こうして自動的に扉が固定されていくようになる仕組みとなっています。

開けていく時にはドアの取っ手で回転させながらボルトを引き入れていきます。
これで空錠を解いていきますが、向きを逆にすることができるため、ドアを開けていく向きがたとえ反対になっていても使うことができます。

プッシュプル錠の定義とメリット

開き戸についているハンドルによって、プッシュプル錠は軽く押していっても引いていっても開閉することができます。
ダブルロックが組み合わさったプッシュプル錠というのは、玄関ドアなどで活用されるケースが多いです。

力をかけないでプッシュプル錠を利用してワンタッチで操作していくことができる点がメリットとなっています。
買い物の帰りなどで荷物が多く持っている状態でも簡単に荷物を降ろさないでプッシュプル錠を利用して開閉することができて便利です。

2016年11月28日