レバーハンドル錠の特徴や性質紹介

作者:   SLloc7uK   |   カテゴリー :   錠前の種類

片側固定されているレバーハンドル錠

ビルなどで多く見かけるレバーハンドル錠というのは、構造が片側を固定している状態となっています。
レバーハンドルといわれる棒状の金具を利用していくことによって、錠が付いている扉を開閉していく構造となっています。
通常ならば施錠もしくは解錠を行う機能を持っている、鍵の機構が収まっている部分で薄い箱状となっているケースロックと異なる場所に設置されていきます。

全く施錠の必要がない室内で利用する扉でも使われるレバーハンドル錠は、仮締めであるラッチ機能だけに特化しているものもあります。
ドアノブとしてもレバーハンドル錠は利用されていますが、円形のドアノブを握り回していく握り玉以上に、レバーハンドル錠は軽く動かしていくだけで室内用などのドアの開閉していくことができるため、年配の方や子供などで操作することが容易です。
レバーハンドル錠は様々な家や施設などで導入が進んでいます。

自宅でレバーハンドル錠を利用するケースが増えている

ドアノブをこれから自宅で使っていく時、レバーハンドルに交換したいという時もあります。
自宅では日常生活で一日に何回も開け閉めを行うことがありますので、時には激しい労働状況に陥るケースもドアはあります。

タフなドアは長い年月を経ることによって、ノブ周辺が劣化したり金属部品が摩耗することがあります。
またネジ穴をチェックすると、スムーズに動かしていくことができないケースもあります。

そこでレバーハンドル錠にドアノブを交換すると効果的に働くことがあります。
ユニバーサルデザイン化されているレバーハンドル錠は、握らないで動かすことができます。

そんなレバーハンドル錠が徐々に一般的となっていますが、握力が少ない高齢者であったり、小さな子どもでも手軽に動かせます。
荷物を持っていても楽に動かせますが、ドアノブを交換する時は部品の構造などをしっかりと理解しておかなければなりません。

ドアノブへ利用する時に注意すること

レバーハンドル錠へ自宅のドアノブを交換する時、レバーやラッチについて関係性を理解していきましょう。
交換を行う時はドアノブやラッチについて、セットで考えて交換を行っていかなければなりません。
握り玉タイプといわれている、従来利用されているドアノブとレバーハンドル錠を比較するとラッチが回転していく角度に大きな違いがあります。

そして古いラッチを活用してしまうと、不具合の原因となってしまうので注意しなければなりません。
作業をスムーズに進めていけるように、事前にノブやレバーハンドル錠について、ラッチの関係性なども頭に入れて交換を進めていきましょう。
交換を無事に終えることができれば、レバーハンドル錠は重宝することでしょう。

2016年6月21日