ピンタンブラー錠の特徴や性質

作者:   SLloc7uK   |   カテゴリー :   錠前の種類

ピンタンブラー錠はピン状のタンブラーを使用したシリンダー錠です。

タンブラーというのは、鍵がその形状と合致する正規の鍵もしくは、
スペアキーのみでしか開かない構造にするための仕組みを構成するものです。
ピンタンブラーの基本構造はアッパーピンと呼ばれる上部のピンと、
ボトムピンと呼ばれる下部のピンとに分かれていて、
バネによって内筒側に押しつけられた構造をしています。

2つのピンで一対の構造をなし、アッパーピンとボトムピンを合わせた長さが、
手前、中間、奥とどの列でも等しくなる構造です。
正規の鍵を差し込まない状態では、アッパーピンが障害になるため、内筒は回転できません。
正しい鍵をさし込んだ場合、アッパーピンとボトムピンの間にあるシアラインが内筒と外筒の間で揃います。

これにより、内筒を回転させることが可能となり、鍵が開くのです。
正規の鍵やスペアキー以外の形状の異なる鍵を刺した場合、シアラインが揃いません。
そのため、アッパーピンもしくはボトムピンのいずれかが障害となって、
内筒を回転させることができず、不正解錠を防ぐ仕組みとなっています。

アパートの大家さんやマンション管理会社などで、マスターキーシステムを組むような場合は、
アッパーピンとボトムピンの中間にミドルピンと呼ばれるピンをもう1本挿入することで、
複数のシアラインができようにシステム化します。

なお、ピンタンブラー錠の基本構造は、上記のようにアッパーピンとボトムピンの2本立てとなりますが、
ピンの数を増やすことができ、その数が多いほど不正解錠が難しくなるため、
防犯性が高まるといえるでしょう。
鍵山の形はギザギザの刻みが付いたタイプとなります。

構造上の特徴

ピンタンブラー錠は古くからあるシンプルな構造であり、住宅の玄関の鍵はもちろん、
デスクの鍵やロッカーの鍵など小さな鍵にも対応できますよ。
現在も、各メーカーでピンシリンダー錠が造られているのです。

ただし、かつての住宅用ピンシリンダー錠はピッキングや破壊にも弱いという弱点がありました。
空き巣や窃盗などの被害が相次いだため、現在のピンシリンダー錠はそうした被害を回避できるよう、
各メーカーごとに改良や技術開発が進められています。
たとえば、非常に小さな超鋼ピンアンの開発やアンチピッキングピンといった最新アイテムの開発、
またキーウェイを狭くするといった工夫です。

これにより、ピンシリンダー錠の防犯性や強度はだいぶ高まったといえるかもしれません。
また、ピンシリンダー錠の防犯性を高める技術開発の過程が、
現在、防犯性の高い鍵として注目されるディンプルシリンダーの誕生にも繋がったと言われています。

2014年1月14日