ウェハータンブラー錠の特徴や性質紹介

作者:   SLloc7uK   |   カテゴリー :   錠前の種類

ウェハータンブラー錠について

ウェハータンブラー錠とはディスクシリンダー錠とも呼ばれ、穴の開いたディスク状の板が内筒に採用されている錠をいいます。
ディスクとスプリングが内筒に入っていて、キーを差し込まない状態ではタンブラーの片側が外筒に引っかかってしまう構造となっています。
外筒に飛び出して障害を警視正するため、専用のキーがないと内筒を廻すことはできません。
逆に、専用のキーを差し込めば、タンブラーが内筒に納まって回転させることができます。
正しくないキーを差し込むとどうなるかといえば、タンブラーのどちらか一方がやはり外筒側に飛び出す構造になっており、やはり内筒を回転させることはできません。
ウェハータンブラー錠は玄関などの住宅の錠として利用されるほか、パソコンなどを守るためのワイヤーロックキーや南京錠の形態としても採用されています。
かつては住宅の鍵といえばウェハータンブラー錠が主流でしたが、代表的な錠ゆえに、窃盗犯によるピッキングのターゲットとなったことがあります。

詳細

ウェハータンブラー錠は、鍵穴の中にあるタンブラーを細いもので引っ掻く、レーキングと呼ばれる手法で破ることができてしまいました。
そのため、ピッキング対策の採られていないウェハータンブラー錠をそのまま使用するのはリスクが高くなっており、ピッキングができないカギに交換するか、補助錠などを付けるのが望ましいでしょう。
補助錠にも現在は、様々なものが出回っています。
簡単に取り付けられ、しかもドアを傷つけることがないものも多いため、気軽にピッキング対策ができるのがいいかもしれません。
玄関チェーン用補助錠は、室内側からだけでなく、外出する際に外側からチェーンに鍵をかけることができるアイディア商品です。
現在お使いのドアチェーンに追加設定するだけで、手軽に二重ロック構造にすることができます。
また、工具要らず加工要らずで、ドアを傷つけることなく取り付けできる玄関用補助錠や、ICカード式ドアロックシステムも人気です。
ICカード式は鍵穴がないのでピッキングの心配がなく、カードキーは磁気認識なので不正コピーもできません。
さらにウェハータンブラー錠のシリンダー部分を完全にカバーして、ピッキングを不可能にする補助錠も販売されています。
ドライバー1本で簡単に取り付けができ、ピッキングはもちろん、暴力破壊からも鍵穴を守ってくれます。
穴あけは不要なので、賃貸マンションなどでも利用可能です。
そのほか、ピッキング音を検知して警報を鳴らし、ピッキング犯を威嚇して退散させるアイテムや、貼るだけで心理的な効果をもたらす防犯ステッカーなども利用するといいでしょう。

2014年2月17日